家を地震の被害から守ろう|液状化対策はプロに頼むべし

状況や工法による違い

作業員

家の新築と既存時で違う

地震による地盤のの液状化が注目されています。液状化とは道路や土地が浮き出た現象です。この液状化する事により大切な住宅が倒壊する可能性があります。日本は地震大国であり、液状化の主原因は地震です。今後の安全を確保する意味でも、液状化対策を検討しておく必要もあります。液状化の主原因は地震による振動であり、メカニズムも解明されています。我々の足元の地面を支えているのは砂が結合した土です。振動により砂の結合が崩れ、バラバラになって地下水の上に浮いた状態が液状化です。その為、地盤が崩れない様に対策する事が必要です。液状化対策を検討する場合、まずは自分の土地や住む地域が液状化する危険性を知る事から始まります。各都道府県で調査が行われており、液状化の危険度をマップにして公表しています。これから家を建てる方や、現在住んでいる方も参考にすると良いでしょう。液状化対策には、原因が分かっているのでその原因を排す方法が必要です。その方法も構築されており、地盤を固める工法等があります。新築住宅に対応した工法と既存の住宅に対応した工法があります。様々な工法があり、基本的には地盤沈下を軽減する事が目的です。費用はその工法により違いがありますが、新築では平均して200万程の工費が必要になります。新築と比較して既存の住宅に液状化対策工事を行う場合はやや高くなります。既存の住宅の場合、平均して500万円程が必要になります。費用が工法により違うので選定は必要です。国土交通省の新技術情報システムに具体的な工法が掲載されているので、参考になります。