家を地震の被害から守ろう|液状化対策はプロに頼むべし

いつもの生活のために

工事現場

起こしやすい地域がある

東日本大地震が発生した時に津波の被害が多く出ましたが、その他にも液状化による被害も多く出ました。特に埋め立てられた土地やそれに近い地域に被害が多く出て首都圏の沿岸部に多く被害が出ました。液状化によって道路がでこぼこになったり、家や小さな建物が沈下し傾いてその中では生活ができなくなってしまいました。大きな建物は建てられた時に液状化対策を施していた建物が多かったため被害は少なくて済みました。液状化の被害を受けた家や建物は復旧工事が必要になりますが、それには多くの時間と費用がかかってしまいます。しっかりとした液状化対策がされなければ再び大きな地震が起きた時に再び液状化現象の影響で被害が出てしまうため、再び大きな地震が発生する前に液状化対策を進めていくことはとても大切なことです。東日本大地震で液状化現象の被害を受けた地域は、土地そのものが液状化現象を起こしやすい土地となります。自分の家がある部分が液状化現象を起こしやすい場所なのかを知るためには、地盤調査をすれば分かりますが、調査をしなくても昔の地図などを見て沼地が埋め立てらた場所や田んぼが埋め立てられた場所である場合には液状化現象が起こる可能性が高くなります。液状化対策としては、地盤を固めたり地下水位を下げるなどの工事を行い液状化現象を起こさない方法と家や建物を杭基礎で支えて液状化現象が発生しても被害を受けないようにする方法があります。どちらの方法でも費用はかかりますが、大きな地震が発生しても元の生活を送ることができるようになります。