家を地震の被害から守ろう|液状化対策はプロに頼むべし

震災被害を軽減する

重機

地盤を強化する方法

地震が発生したとき大きな被害を与えるのは地盤の液状化です。液状化は埋立地や盛土地など、もともと地盤の軟弱なところで起こりやすく、建物を倒壊させる原因にもなります。こうした場所に住宅やビルを建てるときは、しっかりした液状化対策を講じておくことが防災・減災のポイントです。液状化対策にはいろいろな方法があり、地盤の性質によって使い分けられます。単純に地盤が緩い場合は、地下に砂を押し込んで、重機で締め固めるのが一般的です。砂地で地盤が流出する恐れがあるときは、セメントなどで固化させます。地下水が多いときは井戸を掘って、地下水位を下げる工法が用いられます。また地下に柱状改良体というコンクリートの杭を打ち込み、地震が来ても揺れないように建物を支える工法もあります。地盤を改良する以外に、建物自体の耐震性を高めることも液状化対策のひとつといえます。基礎を強化したり、柱の数を増やしたり、もしも沈下が起きたらジャッキアップするなどの方法があります。液状化対策は新築住宅の場合は徹底した液状化対策が可能で、コストも比較的安くなります。既存住宅に液状化対策を施すには、特殊な工法を用いる必要がありますが、もちろん不可能ではありません。東南海・南海トラフに起因する大地震は、近い将来に高確率で起きると予想されています。とりわけ地盤の軟弱な地域に住んでいる方は、液状化対策を施すことで安全・安心な生活を守れるでしょう。