家を地震の被害から守ろう|液状化対策はプロに頼むべし

対策の基本的な考え方

地震

地盤改良が基本となる

水分の多い砂質地盤では、地震が起こったときに液状化現象が起きやすいです。日常では砂の粒同士はくっついて頑丈ですが、地震の揺れで粒子が離れて沈んでしまうと水分が上に上がってきてしまいます。それで上の建物は倒壊などの危険性があるため、対策が必要です。なお、建物で特に注意が必要なのは、建物の重量が軽くて基礎が浅い木造住宅となります。液状化対策の基本の考え方は地盤改良です。建物を建てる前に地盤調査を行って状況確認をし、前もって対策を講じると、地震が起こっても日常生活が送れるくらいに被害を最小限に抑えることが可能です。液状化対策の地盤改良には地盤の密度を増やす、または砂の粒度を改善するという方法や、セメントや薬液を砂質地盤に注入して砂質を変化させる方法などがあります。また地盤改良の他には、地盤の囲い込みを施すという対応法も考えられます。それから、建物の基礎でできる液状化対策もあります。べた基礎と言われる直接基礎は、建物の重さを底板全てで受け止められるので不同沈下を防ぐことが可能です。さらに銅管等の杭を回転貫入、もしくは圧入で設置する小口径工法も液状化対策に有効です。もし液状化対策を講じずに建てた場合は、事後対策で対処します。これは建物の沈下や傾斜を戻す修復工事となり、工事に必要な建設機械の搬入場所を確保が可能かということや、水道管などが工事によって影響を受けないかということを考えながら工法を探っていきます。