家を地震の被害から守ろう|液状化対策はプロに頼むべし

地震による液状化を防ぐ

女性

原因と対策方法

液状化現象とは地震によって地盤が液状化になる事を言います。主に同じ成分や土から構成される砂が、地下水で満たされている場合に起こりやすいと言われています。なぜ起こりやすいかと言うと、この様な土は地盤を砂の粒子が結びついて支えています。繰り返す地震により地下水の圧力が増して粒子の結合を壊してしまい、土がバラバラとなって地下水に浮いた様になります。地震が多い日本では液状化対策を行う事が課題となっています。液状化には理由があるので、その要因を除去する事で予防する事ができます。具体的な工法や液状化対策として以下の3つがあります。1つが上記にもあげている地下水へのアプローチです。地下水の圧力が増す事を未然に防ぐため、地下水の水位を低下させておく液状化対策方法です。液状化層に堀った穴から水を排出します。地下水がある地域の地下水をなくす様にします。2つ目が砂の粒子の結合を盤石にする事です。地震による振動で砂の粒子がバラバラになる事が原因であるので、セメント等で固めておく液状化対策方法です。現在存在する土地ではセメント等を注入する工法が用いられます。最後に地中に格子状の作る方法です。これは地震による揺れを軽減させる事が目的です。地層内の変形を防止する事で壁で囲った地盤に伝わる振動を軽減させ液状化を防ぎます。以上の様に液状化の原理は解明されており、その対策方法も確立されています。各都道府県で調査が行われており、一般にもネットで液状化の危険性がある地域を公表しています。