家を地震の被害から守ろう|液状化対策はプロに頼むべし

対策の基本的な考え方

地震

建物を建てる前に地盤調査を行い、水分を多く含む砂質地盤であれば液状化対策を講じる必要があります。液状化対策は地盤を頑丈にすべく地盤改良を行うか、建物の基礎をべた基礎か小口径工法にするかという方法が一般的です。

詳しく見る

工事現場

いつもの生活のために

大きな地震が発生すると、液状化現象を起こしやすい地域というのがあります。埋め立てられて作られた土地は液状化現象を起こしやすく液状化対策をすることは大きな地震が発生しても、すぐに元の生活を送れるようにするには必要なことです。

詳しく見る

重機

震災被害を軽減する

地盤が弱い地域で地震の被害を抑えるためには、適切な液状化対策が欠かせません。具体的な液状化対策としては砂を入れて締め固める、セメントで砂地を固化する、井戸を掘って地下水位を下げるなどの方法があります。

詳しく見る

女性

地震による液状化を防ぐ

地盤が液状化する事により交通障害や建物の倒壊の危険性があります。液状化する原因は地震による振動で、地盤の砂の粒子結合がバラバラになる事が原因です。そのバラバラになった土が地下水の上に浮いた状態で浮き出ます。液状化対策として砂がバラバラにならない様にしたり、地下水を抜く方法があります。

詳しく見る

作業員

状況や工法による違い

大切な財産である家を守るために、地震大国である日本では液状化対策を検討する必要も出てきました。地震により地盤が沈下したり崩れる事を防ぐための工法があり、家が新築時と既存時の場合で費用は違います。さらに工法毎に費用も違うので、工法の選定は必要です。

詳しく見る

事前に行う方が合理的

震度計

後からでも可能ですが

日本は地震大国です。世界で発生する地震の10パーセントは日本で発生するとまで言われています。これほど地震が発生する地域に住んでいる限り、家屋の地震対策をするのは必須といえます。現在は法律で耐震設計基準が上がっており、建物の強度は非常に高くなっていますので、これから建物を建てようという方はほぼ安心してもらっても構わないでしょう。しかし、見落としがちなのが地盤です。普段は特に問題ない地盤でも、適切な液状化対策をしていないといざ地震が発生した場合に地盤が液状化して建物の傾きや倒壊を起こしてしまいます。建物を建てる際には、地盤の調査と液状化対策は必須です。ここで気を付けなければいけないのは、通常の基準では地盤検査が合格してしまう事が多い点です。よく地盤が固い、やわらかいという表現をしますが、実際に地盤が地震の際に液状化する危険がどの程度あるかを計るのは非常に難しく、極論すると岩盤のない場所はどこでも液状化する要素があるといえます。そのため、液状化対策はどの地盤でも行っておくに越したことはありません。液状化対策にはそれなりの費用はかかりますが、一旦液状化してしまうと、これを復旧させるのは非常に困難です。傾いた建物を残すために後から液状化対策を行うことも不可能ではないのですが、それは事前に行う液状化対策よりもずっと費用がかかります。このような状況を考えれば、液状化対策をするかしないかという選択は日本においてはほぼないと言えます。